HOME > 手湿疹のアトピーについて
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

手湿疹のアトピー

手湿疹・手荒れのアトピーについて

手湿疹・手荒れ 西洋医学的 基礎知識

手湿疹・手荒れは女性に多く主婦湿疹とも呼ばれます。手のひらや指の間に炎症や水泡を起こす皮膚炎です。接触性皮膚炎の手湿疹や手荒れもあります。ドラックストアーで薬や保湿剤を購入しても、改善されない時は脱保湿を考えている方もいます。



手湿疹・手荒れの原因

生活習慣的な要素が大きく日常生活で接触する様々な物質の刺激によってできる湿疹・皮膚炎です。水に触れる機会の多い方は特に手湿疹・手荒れになりやすく皮膚の皮脂が減少するのも1つの原因になります。また、金属等によるアレルギーで接触性皮膚炎を併発していることもあります。洗剤や石鹸等に含まれる合成界面活性剤の影響を受けている場合もあります。



手湿疹・手荒れの症状

手のひらや指の間に赤く紅斑が見られ、かゆみを伴います。指の関節部がひび割れを起こしたり、炎症を起こしているところから浸出液が出ることもあります。手のひらや指の間に症状が出ることから、掌蹠膿疱症(ショウセキノウホウショウ)や白癬菌(水虫)の症状にも似ていることがあり検査をされるかたもいます。



手湿疹・手荒れの西洋医学的治療

水に触れたときや仕事の後に尿素配合ハンドクリームやワセリンなどの保湿剤を塗布します。それでも良くならない時は、ステロイドを使用したりジュクジュクしている時は亜鉛華軟膏(アエンカナンコウ)を使用する事があります。



手湿疹・手荒れのアトピー 鍼灸効果

手湿疹・手荒れのアトピー 内臓冷え対策

手湿疹・手荒れのアトピーを改善するにはアトピーと内臓の冷えを知る必要があります。アトピー性皮膚炎は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。

鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため使用には注意が必要ですが、体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなく手湿疹・手荒れのアトピー性皮膚炎を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る