HOME > アトピーの咳嗽(ガイソウ)について
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

アトピーの咳嗽(ガイソウ)について

咳嗽(ガイソウ)症状

アトピー咳嗽(ガイソウ)とは「アトピー素因に関与する咳感受性亢進を伴う好酸球性気管支炎」とされています。ここでいうアトピー素因とは、過去または現在アレルギーがある、またはアレルギーになる可能性がある素因という意味です。

アトピー咳嗽は、のどのイガイガ感を伴う持続性乾性咳嗽が唯一の症状です。喘鳴、呼吸困難発作がない。エアコン、たばこの煙、会話、運動、精神的緊張などにより咳が誘発されやすい。などが特徴です。

咳喘息とアトピー咳嗽との違いは、咳喘息では、β刺激薬の気管支拡張剤が咳に効きますが、アトピー咳嗽では効きません。それから、咳喘息は典型的喘息になる可能性がありますが、アトピー咳嗽ではそれがありません。

line


咳嗽(ガイソウ)の薬

・軽症: ヒスタミンh1-拮抗薬

・中等症: 吸入ステロイド

・重症: 短期経口ステロイド薬

・市販薬: 鎮咳剤の多くは咳喘息などの病気に効果を発揮しないという事です。抗ヒスタミン剤または抗アレルギー剤を使用。

line


アトピー咳嗽(ガイソウ)の原因とは

アトピー咳嗽の原因はアレルギー体質という事になるそうです。但し喘息に使用する気管支拡張剤が効かないという特徴があります。アトピー咳嗽治療期間も長引くようです。

アトピー咳嗽市販薬は抗ヒスタミン剤や抗アレルギー剤を使用します。アトピー咳嗽漢方薬は症状に合わせて漢方薬と抗ヒスタミン剤やステロイド剤を使用する様です。

line


咳嗽(ガイソウ)の民間療法について

民間療法によってアトピー咳嗽治療はどのようにすればよいかというと、アトピー咳嗽の体質を改善していくことになります。昔から喘息体質の方は乾いたタオルで乾布マッサージをしてました。

喘息は粘膜の炎症が原因という事で、乾布マッサージによって粘膜に炎症が起きないようにしていました。乾布マッサージは皮膚のマッサージなのですが、皮膚を丈夫にすると粘膜も丈夫になり粘膜の炎症が和らぐという効果を期待しています。又、アトピー咳嗽も鍼灸によって体質改善が可能です。

line


アトピー咳嗽(ガイソウ)に対する自然治癒力について

咳嗽体質は自然治癒力で改善できます。常識にとらわれることなく自然体で生活する事で、体は自然治癒力を発揮しアトピー咳嗽は改善します。

一度食生活や、生活習慣の見直しが必要と思います。

line


咳嗽(ガイソウ)のセルフケア三つのポイント

栄養

体は食べたもので成り立っているといわれます。たんぱく質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラルの五大栄養素をバランスよく摂取するのが大切です。又、一日のうちで空腹の時間を作るのも大切です。

五大栄養素のバランスが大切なのですが炭水化物が多めの方が多いですので、炭水化物の割合は三割位がいいです。出来れば良質のたんぱく質を適度に摂取するのが理想的です。

line


運動

咳嗽があると運動は控えがちになると思います。しかしゆっくりな歩行なら可能ではないかと思います。20分位ゆっくりでいいので歩いてみてください。

咳が慢性的になっている方は足が冷えている方が多いので出来る限り毎日20分位歩いて足が冷えないようにしてみると咳が楽になることがあります。

line


睡眠

夜睡眠をとろうとすると、咳が出て寝れないという方も多いと思います。睡眠がしっかりとれないと咳も治りにくいです。慢性的に咳が治り切れない方は慢性疲労があります。

慢性疲労を解決するには良質の睡眠が欠かせません。睡眠も足が冷えていると熟睡が出来ませんので先のセルフケアの運動をしてみてください。頭を冷やすのも咳嗽に効果がある場合があります。

line


アトピー咳嗽に対する鍼灸治療

アトピー咳嗽に対する鍼灸治療は体の疲労を取り除くことを優先に行います。血液循環を良くして体を温め睡眠もとりやすくします。

又、咳に効くツボを利用してアトピー咳嗽を改善していきます。鍼灸でアトピー咳嗽の体質改善を行うと咳嗽も治まってきます。体力が極端に落ちている方は少し時間がかかることがあります。

line


関連記事


電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る