HOME > アトピーと酒さ様皮膚炎の違いについて
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

アトピーと酒さ様皮膚炎の違いについて

酒さ様皮膚炎について

顔にアトピーの症状が出てしばらくするとステロイドを使用していると顔が赤くなり、皮膚科に相談に行かれた方も多いと思います。この時に皮膚科の先生から顔の赤みは酒さ様皮膚炎ですと診断されたという事をよく聞きます。

酒さ様皮膚炎の原因は不明という事になっており、アトピーの症状はステロイドを使用していると落ち着くことがありますが、酒さ様皮膚炎はステロイドを使用していると顔が赤くなり、ステロイドを使用していると赤みが取れないです。

又、「酒さ」とは違いますので別記事の「酒さとステロイド酒さ」を参考にしてください。



酒さ様皮膚炎の原因

酒さ様皮膚炎の原因は基本的には不明とされています。(ステロイド使用による副作用という説もあります)原因不明ですがアトピー性皮膚炎と合併して起こる傾向がある皮膚炎です。

ステロイドを長期間使用していたり、ランクの強いステロイドを使用していた時にも酒さ様皮膚炎が出ることが多いです。ステロイドは皮膚の炎症を抑えるために毛細血管を収縮させるのですが、副腎皮質ホルモンが増えすぎると毛細血管拡張になり赤ら顔のようにみえる酒さ様皮膚炎になることがあります。



酒さ様皮膚炎の症状

酒さ様皮膚炎の症状を画像や写真で調べている方もいると思います。症状としては赤み、紅斑、熱感、ニキビ、ブツブツ(丘疹キュウシン・膿疱ノウホウ)等があります。

又、顔の赤みに対しては口囲皮膚炎(コウイヒフエン)、ステロイド潮紅(チョウコウ)とも言います。口の周りや鼻の周りに血管が浮き出たように見えることもあります。



酒さ様皮膚炎の治療、完治

西洋医学的な治療ですと、ステロイドを使用して酒さ様皮膚炎の症状が出たときプロトピックや保湿剤や漢方がでることがあります。又、効果はわかりませんが市販の化粧水を使用している方もいます。

ニキビ様のプツプツが出たときに抗菌薬のミノマイシンを内服する場合もあります。プロトピックは個人差がありますが、慣れるまではヒリヒリとした使用感が出ることがあります。

炎症を抑える作用としてはプロトピックの方がステロイドよりも強いです。酒さ様皮膚炎の完治には西洋医学的には時間がかかるのが一般的の様です。

東洋医学的な治療ですとステロイドやプロトピックの使用を中止していただき、からだの免疫力をあげていく治療になります。ステロイドやプロトピックを止めると離脱症状が出ますが完治に近づきます。



酒さ様皮膚炎の鍼灸効果

酒さ様皮膚炎完治への内臓冷え対策

酒さ様皮膚炎とアトピーを改善するにはアトピーと内臓の関係を知る必要があります。アトピー性皮膚炎は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。

副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。

アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。

鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。

合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため、使用には注意が必要ですが体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなく酒さ様皮膚炎とアトピー性皮膚炎を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る