HOME > 膝のアトピーについて
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

ライン予約
お問い合わせボタン

膝のアトピーについて

膝のアトピー原因

膝にアトピーができやすい原因はいろいろとあります。膝関節は日常的に運動量が多いところですので、皮膚の保護膜にも負担がかかるところです。保護膜を壊さないというのもアトピーの予防になります。

体質的に皮膚が弱い方は洗いすぎないことや、合成界面活性剤の入っている石鹸や保湿剤に触れないことが大切です。又、膝関節の周辺の血液循環が悪くなってもかゆくなり、かゆみで皮膚を掻き壊してさらに刺激に敏感になりさらにかゆみがますという悪循環になりやすいです。

膝関節の周辺の血液循環が悪くならない様に、歩く習慣をつけることが大切です。



膝のアトピーの症状

ひざのアトピーの症状は主に膝の裏に出やすいのですが、かゆい、浸出液が出る、カサカサ、色素沈着で汚いように見える、膝裏の下に皺(しわ)ができやすくなっている等があります。

膝の前側に症状が出る方は少ないですが皮膚が分厚くなって剥がれなく、かゆみが強い方もいます。特にひざ裏の筋(スジ)に症状が出やすく治りにくいところです。フクラハギに浸出液が出て止まりにくい方もいます。フクラハギの浸出液は貨幣状湿疹の可能性もあります。



膝のアトピー治療

西洋医学的には薬と保湿剤が中心になると思います。ステロイドや保湿剤のヒルドイド等があります。乾燥の季節に寒さ対策としてナイロン系の衣類を着ると膝のアトピーも蒸れることによって治りにくい事があります。

皮膚に触れるところは綿か絹等がお勧めです。浸出液が多く出ているときにガーゼを使用すると剥がすときに皮膚も剥がれることがあり、回復が遅れることがありますので、ガーゼを使用するときは隙間が少なくて消毒をしていない柔らかい綿のガーゼがお勧めです。



膝のアトピーと鍼灸効果

膝のアトピーと内臓冷え対策

膝のアトピーを改善するにはアトピーと内臓の関係を知る必要があります。アトピー性皮膚炎は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。

副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。

アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。

鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため、使用には注意が必要ですが体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなく膝のアトピー性皮膚炎を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る