HOME > アトピー漢方名医をお探しの方へ
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

ライン予約
お問い合わせボタン

アトピー漢方名医をお探しの方へ

ステロイドを使いたくない

アトピーで漢方名医を探されている方はステロイドを出来れは使いたくないと思っている方だと思います。

ステロイドの副作用は、・皮膚が褐色になったり黒ずんだりする・皮膚の色が抜けて、白色化が起こる・血管が皮膚に透けて赤くなる・体毛の増加・皮膚が薄くなり、小じわが増える・内出血・副腎の機能が低下する・依存性がある。確かに副作用を考えるとステロイドは控えたくなる方が多いと思います。

line


薬が効かない

現在ステロイドを使っているが効かなくなり、これ以上ステロイドをのランクを上げて使用するのに躊躇されている方もいます。確かにステロイドのランクを上げていかないと効き目がなくなる方がいます。

line


脱ステしたい

ステロイドを使用していていつかは脱ステしたいと考えている方も多く、漢方で脱ステ出来ないかと漢方名医を探されている方がいます。急にすべての薬を止めるのはリバウンドが心配という方もいます。

line


体質改善したい

アトピーもアレルギー体質から症状が出ているといわれている方が殆どだと思います。漢方には体質改善の目的もありますので一度は試してみたいと考える方がいます。

line


漢方薬

漢方薬にも飲み薬、塗り薬、があります。アトピーに効果のある主な漢方薬は・十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)・白虎加人参湯(ビャッコカニンジントウ)・荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)/塗り薬は・紫雲膏(シウンコウ)・神仙太乙膏(シンセンタイツコウ)などがあります。

line


自然治癒力を発揮させるには

アトピー体質は自然治癒力で改善できます。常識にとらわれることなく自然体で生活することで、体は自然治癒力を発揮しアトピーも改善します。

自然治癒力を最大限に発揮させるのは体の構造面と機能面が正常に機能することが必要になってきます。構造面は整体で、機能面は鍼灸で調整できます。

line


鍼灸の治療

鍼には刺絡(シラク)という技法があります。瀉血(シャケツ)とも言います。これは体の於血(オケツ)を取ることです。於血とは毒素が溜まった血液のようなものです。

於血を取ることでアトピー特有の赤みが取れますので、赤ら顔でお悩みの方にも効果があります。瀉血のやり方もカッピングを使用したり、鍼のみで指からシャケツするやり方があります。


カッピングによる瀉血は体全体から於血を取っていきますので、医療機関などで行っているところが多いです。瀉血の量も多めになると貧血の状態になることもありますので、医療機関では時々血液検査をして、血液を調べて鉄分が不足すると鉄剤を処方します。(貧血になると下瞼を見ると白くなっています。又鉄分不足を補うにはレバーがいいです。)カッピングによる瀉血は自己流で行うと危険ですのでやめたほうがいいです。

一般的に鍼による瀉血は手足のツボを使用します。指一本一本使うツボが違ってきます。瀉血もいつまで続けるかというのも難しいところですので自己流は危険です。

又、鍼の上にもぐさを載せて燃やしながら温めるという灸頭鍼(キュウトウシン)という治療法もあります。アトピー体質の方は体の表面が熱くて体の中が冷えている方が多いです。

このような状態のことを表熱裏寒(ヒョウネツリカン)と言います。このような状態になっているときに灸頭鍼をして表熱裏寒を改善していきます。鍼を体に刺し、鍼をもぐさで温めると温まった熱が鍼を伝わって体の中の冷えを改善していきます。鍼灸でしか改善しない症状もありますので、アトピー治療の最後の砦だと思います。

line


千葉のアトピー専門整体 宗気堂へのアクセス・地図

院名 宗気堂(そうきどう)
住所 〒272-0021
千葉県市川市八幡1-15-17 本八幡ファイブ201
電話番号 0120-94-4976
営業時間 9:00~21:00
定休日 水・木
交通 電車でお越しの方・・JR総武線本八幡、都営新宿線本八幡、京成線京成八幡 各駅より徒歩約7分

車でお越しの方・・国道14号線を挟んで市川市役所はす向かい、北八幡郵便局隣です。
院長 八木沼 良夫

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る