HOME > アトピーと白内障について
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

ライン予約
お問い合わせボタン

アトピーと白内障

アトピーと白内障について

アトピー 白内障の原因

アトピーで白内障になる方がいますが、原因と一つと考えられるのが長年のステロイト使用と自覚されている方が多いです。

またアトピーで顔の痒みがある時に、掻き壊さないために顔を叩いて、白内障や網膜剥離(モウマクハクリ)になる方もいます。網膜剥離になりますと失明の可能性がありますのでくれぐれも顔や目の周辺を叩かないようにしてください。



アトピー白内障の症状

アトピーで白内障になる方の目の特徴はレンズが白く濁る時にレンズの中心から白く濁ってきます。一方、一般的な加齢による白内障のレンズの濁り方は全体的に白く濁ってきます。

白内障に気が付くのは視界がぼやけてきたリ、眼科受診で診断されて自覚される方がいます。加齢による白内障の進行はゆっくりですが、アトピー白内障の進行は個人差がありますが加齢による白内障よりも早いようです。

アトピーで長年ステロイドを使用している方は定期的な眼科の受診をお勧めします。



アトピー白内障の治療

白内障で視界が悪くなり生活に支障がきたすようであれば、眼科を受診されて水晶体のレンズ交換のために手術が必要になってきます。

白内障手術の名医もサイトで見つけることができる時代ですので、生活に支障をきたすような白内障ですと二次的な障害を予防するためにも眼科の先生に相談してください。白内障の手術をするとステロイド配合の点眼薬を処方されることがあります。



アトピーと白内障 鍼灸効果

アトピーと白内障 内臓冷え対策

視界が著しく狭く日常生活に支障をきたすような白内障は手術が必要です。白内障の手術は必要がなくてアトピーを改善するにはアトピーと内臓の関係を知る必要があります。

アトピー性皮膚炎は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。

副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。

鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。

鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため、使用には注意が必要ですが体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなくアトピー性皮膚炎を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る