HOME > アトピー治療の悪化についてのページ
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

ライン予約
お問い合わせボタン

アトピー治療の悪化について

悪化の原因

ストレスによる悪化

アトピー悪化の原因で一番多いのはストレスです。人間関係、仕事、学校等様々な要素が絡んできます。また職場の移動や学校の転校などはストレスがピークになってくると思います。

体の中ではどの様な生理現象が起こっているかというと、ストレスに影響を受けやすいのは副腎です。副腎は体の炎症を抑える副腎皮質ホルモン(ステロイド)を分泌するところです。ストレスの影響を受け続けていくと、この副腎が委縮してしまい副腎皮質ホルモンを分泌することが少しずつ困難になってきます。そうすると体の炎症を抑えることが出来なくなり、アトピー性皮膚炎が悪化します。

またストレスによって体の活性酸素が増えて皮膚の細胞が炎症を起こしかゆみが出てきます。アトピー対策で一番難しいのはストレスであり、そのストレスがアトピーを悪化させる最大の要因となります。

line


大人の悪化

以前、小児アトピーがあってその後しばらく落ち着いていたが大人になってからアトピーが再発または悪化した方も多いです。大人になってからアトピーが悪化する要因も様々ですが、女性ですと妊娠や出産を機に悪化するかたがいます。

妊娠を機にアトピーが再発し出産を機にアトピーが悪化するという事があります。授乳中ですと体のアトピーが辛く断乳をして薬を飲みたいという方もいます。

育児中は睡眠不足にもなりそしてかゆみで寝れないという事が重なりアトピーの辛さは極限まで達する方もいます。又、運動を急にやめたころに悪化する方もいます。

line


食べ物による悪化

アトピーが悪化する原因で食べ物はかなり影響します。特に白砂糖、油が影響します。白砂糖も植物油も体を酸化させますのでかゆくなります。精製された砂糖を使用しないことと、油はリノール酸を避けることです。

リノール酸は主に植物油に含まれています。ジャンクフードにも含まれています。又、食べ過ぎも良くないです。特に炭水化物を摂りすぎるのがアトピー体質の方に良くありません。アトピー体質の方はお米を選ぶときササニシキが良いです。

お米も小麦も食べ過ぎに注意が必要です。最近のお米や小麦はGI値(グリセミックインデックス)が高く体を燃えやすくします。又、血糖値の上昇が早いですし、急降下もしますのでまたお腹がすきます。結果として食べ過ぎになります。

line


その他の悪化要因

合成界面活性剤による接触性皮膚炎を併発してアトピーが悪化することもあります。実際にはアトピーが悪化したのか、接触性皮膚炎が悪化したのか症状的には判断しにくいと思います。

いずれにしてもアトピー体質の方は合成界面活性剤は皮膚炎を悪化させますので、触れない対策が必要です。合成界面活性剤は保湿剤、石鹸、シャンプー、リンス、洗剤、柔軟剤、化粧品(乳液、ファンデーション等)、UVケア、台所洗剤等、日常生活で何気なく使用している商品に含まれていることがありますので、極力合成界面活性剤には触れないことをお勧めします。

合成界面活性剤は皮膚の保護膜を作る皮脂を分解してしまいますので、皮膚がカサカサします。そしてかゆくなります。又、環境の影響では大気汚染や住宅の湿度が高いことも悪化する方がいます。

汗やヘアカラーで悪化する方もいます。ヘアカラーは使用しなければいいのですが、汗はかかない様には出来ないので対策が必要です。汗が染みてかゆくなる方が殆どだと思いますので汗が染みない様にするには皮膚を乾燥させない様に、保護膜がしっかりしていなくてはなりません。保護膜をしっかりさせるには、食生活や合成界面活性剤にも注意が必要です。

line


悪化症状

悪化の症状で一番多いのはやはりかゆみです。そしてかゆくて寝れないです。特徴としては昼間はかゆみが少ないが、毎晩寝ようとすると尋常ではないかゆみに襲われるといいます。

人間の体は夜になると血管が広がり血液がたくさん流れる様になり、皮膚に炎症を起こしている体は温まるのでかゆくなります。その他にも今まで出なかった所に出て全身に広がる事や薬が効かなくなって顔が赤くなり毎日鏡を見るのが辛い等の症状があります。

line


当院のアトピー悪化対策

当院のアトピー悪化対策は体の「構造面」と「機能面」を整えます。構造面とは体のゆがみを調整することです。体は歪んでくると慢性疲労の状態になり免疫力が低下しますし、異物(ホコリ、花粉、ダニ等)に対しても過剰反応します。機能面とは体の冷えや熱の調整です。アトピー体質の方は体の中や手足が冷えて、皮膚表面は熱いという状態になっている方が多いです。

体の中の冷えには灸頭鍼(キュウトウシン)をします。鍼の先についたモグサを燃やして体の中から温めます。皮膚表面の熱さや乾燥、痛みには鍼でツボを刺激します。このような施術をしていくと病を治すうえで大切な東洋医学の理論で「気」「血」「水」を整えることで「病何処へ」となります。「気」エネルギー「血」血液「水」体液リンパ、この3つを整えると病は無くなると東洋医学では言われています。

アトピー体質が鍼灸・整体で改善するというのは信じられないかもしれませんが、人間の自然治癒力を最大限に引き出し副作用のない治療ですのでアトピー体質改善を考えている方は鍼灸・整体を選択肢の一つにされてはと思います。東洋医学では症状だけを見るのではなく、患者さんの背景をよく観察します。つまり、食生活、生活習慣です。患者さんと同じ方向を目指すことが出来れば、自然治癒力でアトピー体質は改善します。

line


電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る