HOME > アトピーの最新治療について
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

ライン予約
お問い合わせボタン

アトピーの最新治療について

アトピーの治療は遺伝子治療or光治療(ナローバンド)

遺伝子の治療について

理化学研究所の発表によりますと、「今回新たに8つのアトピー性皮膚炎に強く関与するヒトのゲノム領域が明らかになりました。

アトピー性皮膚炎の主な治療法は、皮膚のバリア保持と抗炎症治療です。遺伝要因の探索の結果、関連領域には皮膚バリア遺伝子、感染や炎症で働く免疫関連遺伝子が多数含まれており、病態での重要性が示唆されました。

また、アトピー性皮膚炎と気管支喘息に共通する関連領域も見つかりました。これらの知見はアレルギーマーチの原因究明や今後の臨床研究の仮設立案に役立つと考えられます。

現在、培養細胞やマウスモデルを使った研究により、アトピー性皮膚炎の治療標的分子の発見が盛んに試みられてますが、今回のような多くのヒトサンプルを用いたゲノム研究は、実際のヒトの疾患での重要な標的分子の絞り込みのも役立ちます。

今後、これらの領域に含まれる遺伝子について機能を詳細に調べることで、アトピー性皮膚炎の病態解明が進むと期待できます。
※ゲノムとは遺伝子と染色体から合成された言葉でDNAのすべての遺伝子情報のことです。

line


光治療(ナローバンド)とは

ナローバンド光治療は、数年前から普及してきた最新治療です。紫外線のうち免疫抑制に効果ある光だけを抽出して照射し、アトピーを治していきます。ナローバンド光治療によって、下記のようなことが期待されます。

1.照射をして改善が見られた場合、再発するまでの期間が長くなる。
2.外用する薬の量が少なくて済むようになる。
3.照射後、比較的早くかゆみが減ってくる。

line


プロアクティブ治療とは

アトピー性皮膚炎の外用療法には、症状が出た時に治療するリアクティブ治療と症状の出る前から予防的に治療するプロアクティブ治療の2種類があります。

再発の多いアトピー性皮膚炎の場合、リアクティブ治療ではうまくコントロールしにくいため、現在では、徐々にプロアクティブ治療が推奨されるようになってきました。

line


当院のアトピー治療について

個人的な考えではアトピー最新治療は患者さんの体から発する声に耳を傾けることだと思います。アトピーになる体質とならない体質があるので、この違いを見つけることだと思います。

身近なところにアトピーの原因が潜んでいると考えます。一人一人が持っているアトピーの原因を見つけることがアトピー最新治療になるのではないかと考えます。

line


身近にあるアトピー最新治療とは

アトピー性皮膚炎は様々な原因があります。又、症状も一人一人違います。ですので個人の症状に合わせた施術が必要になってきます。

アトピー性皮膚炎の原因は個人個人必ずありますので、これに気が付けばアトピー性皮膚炎は改善されます。東洋医学的には「気」「血」「水」を整えると「病何処へ」と言われます。「気」エネルギー、「血」血液、「水」体液リンパを整えると病はよくなるといわれます。

薬や保湿を止めるというのはある意味最新治療と考えてます。薬や保湿を止めることによって、一時的に辛い状態が続くかもしれませんが、人間の持っている自然治癒力を信じてアトピー性皮膚炎を鍼灸整体で克服してみませんか?

アトピーを克服するポイントはアトピーの症状だけを見るのではなく、体を全体的に捉えて施術することです。
「一部分は全体に影響し、全体は一部分に影響します」

line


電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る