HOME > アトピーと乾癬について
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

ライン予約
お問い合わせボタン

アトピーと乾癬について

アトピーと乾癬(かんせん)について

乾癬 西洋医学的 基礎知識

乾癬とは皮膚が赤く盛り上がり、フケのように剥がれ落ちる慢性皮膚疾患です。完治の難しい皮膚疾患です。尋常性乾癬、乾癬性紅皮症、膿疱性乾癬、関節性乾癬、急性滴状乾癬の5つがあり、約9割の乾癬は尋常性乾癬です。



乾癬 原因

乾癬の原因は不明です。体質が発病に関係している可能性があります。又、食事の西洋化も関係している可能性もあります。



乾癬の症状

症状は一つ一つの湿疹が小さい赤いブツブツから始まり、徐々に大きくなり厚い垢を持つ様になります。頭皮や爪に出ることもあります。関節炎を起こすこともあります。



乾癬の検査と診断

診断は湿疹の経過を見ながら判断します。画像を残しておくのも診断の参考になります。糖尿病、高血圧、肝臓病を合併していることもありますので検査が必要です。湿疹の細胞診断や血液検査を行う事もあります。



西洋医学的 薬と治療

治療は外用薬、内服薬、光線療法などがあります。外用薬はステロイド剤や活性型ビタミンD3、一部の病院ではタールやアンスラリンを使用しています。

内服薬はビタミンA類似物質エトレチナード(チガソン)または免疫抑制剤シクロスポリン(ネオーラル)を用います。光線療法は紫外線を当てるPUVA療法や特定の紫外線波長を利用したナローバンドUVB療法があります。



アトピーと乾癬 鍼灸効果

アトピーと乾癬 内臓冷え対策

アトピーと乾癬を改善するには、内臓との関係を知る必要があります。アトピー性皮膚炎及び乾癬は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。

副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。

アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。

合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため、使用には注意が必要ですが体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなくアトピー性皮膚炎及び乾癬を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る