HOME > アトピーと喘息について
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

ライン予約
お問い合わせボタン

アトピーと喘息

アトピーと喘息について

喘息 西洋医学的基礎知識

喘息とは呼吸困難を意味する言葉です。正式には気管支喘息とも言います。笛声喘鳴(テキセイゼイメイ)を伴う発作性の呼吸困難を起こします。笛声とはヒューヒュー、喘鳴とはゼーゼーという呼吸の際に起こる音です。

このような発作性呼吸困難を訴え、喘鳴を伴う症状を慢性の気道炎症疾患といいます。



アトピーと喘息の関係

アトピーと喘息の関係として特徴的なのは、アトピーの症状が強く出ているときは喘息の症状が少なく、喘息の症状が強く出ているときはアトピーの症状が悪化しないような関係が多い様です。

アトピーは皮膚の炎症で喘息は気管支粘膜の炎症です。アトピーは年間を通して症状が出ていることがありますが、喘息は秋に多い傾向があります。喘息がなぜ秋に多いかといいますと、夏の時期に内臓を含めた体を冷やしすぎたのが原因です。夏に冷やしすぎた体や内臓が涼しくなってホットした秋に時期に喘息が出ます。



喘息と鼻炎

喘息がある方は粘膜の炎症がありますので、鼻の粘膜も炎症を起こしていますので、鼻炎の症状もあります。鼻炎は粘膜にある毛細血管が充血していて、血管が膨らんでいる状態ですので鼻つまりや、血漿の透過性が高まることで鼻水も出やすくなります。この影響で鼻炎にもなります。



喘息 発達障害や遺伝について

発達障害や遺伝が喘息の原因になっているかもしれないという考えもあるようですが、はっきりとは解明できていないようです。喘息に関しては小児喘息というのもあり、ある年齢になると落ち着くことがあるので、体の発達や成長に関係があるのではないかと疑問視するのも自然かもしれません。体の成長面としては六歳前後で変化が現れる時期ですので、喘息もアトピーも落ち着くことがあります。

遺伝に関しては体質的な面が遺伝して喘息になったり、環境や食生活が影響しているのではないかと考えます。



アトピーと喘息 鍼灸効果

アトピーと喘息 内臓冷え対策

アトピーと喘息を改善するにはアトピーと内臓の関係を知る必要があります。アトピー性皮膚炎は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。

副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。

アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。

鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため、使用には注意が必要ですが体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなくアトピー性皮膚炎や喘息を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る