HOME > 爪のアトピーについて
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

爪のアトピーについて

爪のアトピー原因

爪のアトピーの原因ですが、爪にアトピーが出る方の特徴に冷えがあります。指の末端にある毛細血管の血液循環に問題があるのではないかと考えます。または合成界面活性剤による接触性皮膚炎を起こしている。

薬や保湿剤の依存症になっていて、自らの力で保護膜の再生ができない。指先ですので洗いすぎによる保護膜の欠如等が考えられます。




爪のアトピー症状

爪のアトピーの見た目の症状としては爪が、でこぼこ、ボコボコ、変形、剥がれる、垢が溜まる等があります。又、実際には爪の周りの皮膚症状がアトピーのように治りにくくなっているというのが特徴です。

もしかしたら水虫(爪の白癬菌・ハクセンキン)かもしれないと思って皮膚科で検査される方もいます。治りにくい原因として、つい気になって皮膚を剥がすクセがついてしまっているという事です。爪がある先端の関節はやや腫れたような状態になっています。指先が冷えていてなかなか温まらないのも特徴です。



爪のアトピー治療 対策

爪のアトピーが白癬菌の可能性がある時は皮膚科で検査して、陽性の場合は抗真菌剤がでます。白癬菌の可能性がないときは、ステロイド、プロトピックなど、薬と合わせて保湿剤を出すこともあります。

保湿剤はワセリン、尿素、ヒルドイド等が一般的です。爪白癬菌の可能性がなく薬や保湿剤を使用しても良くならない方は、東洋医学的な全体治療が効果を発揮することがあります。



爪のアトピーと鍼灸効果

爪のアトピーと内臓冷え対策

爪のアトピーを改善するにはアトピーと内臓の関係を知る必要があります。アトピー性皮膚炎は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。

副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。

アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。

鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため、使用には注意が必要ですが体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなく爪のアトピー性皮膚炎を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る