HOME > 手のアトピーについて
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

手のアトピーについて

手のアトピー原因

手のアトピーは改善するのか、または治らないのではないかと考えている方がいます。というのも手に出るアトピーが慢性化している方が多いことだと思います。

アトピー性皮膚炎自体が原因不明の湿疹、皮膚炎という事になっているので、治らないのも仕方がないと思っている方もいます。手のアトピーの原因を考える上で分かりやすいのは、かゆみの原因を特定するのが改善につながります。

かゆみの原因として考えられるのは、手の皮膚の保護膜の欠如が考えられます。



手のアトピー症状

手のアトピーは比較的強いかゆみを伴うため、掻き壊してしまう事があります。掻き壊すことによって肌荒れや赤み、ひび割れ、浸出液が出る。カサブタが取れない、手が腫れる等があります。

手に水泡が出ている状態ですと、浸出液も出やすいですし、かゆみも強いことが多いです。ただし手の水泡は比較的暖かい季節に出る方が多いです。夜、布団に入ると手が痒くなる方もいます。



手のアトピー治療 対策

手のアトピー治療として多いのは皮膚科の薬や市販薬を使用している方が多いのではないでしょうか。皮膚科の薬としては、ステロイド、プロトピック、保湿剤としてはワセリン、ヒルドイド、尿素、亜鉛華軟膏、モクタール等、そして漢方薬の紫雲膏などが有名です。

市販薬の中には保湿剤とかゆみ止めの成分が配合されている商品もあります。薬や市販薬を塗ってから手袋で保護して薬の効き目をよくすることもあります。民間療法的に塩を使って手を洗う方法もあるようですが効果のほどは定かではありません。



手のアトピーと鍼灸効果

手のアトピーと内臓冷え対策

手のアトピーを改善するにはアトピーと内臓の関係を知る必要があります。アトピー性皮膚炎は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。

副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。

アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。

鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため、使用には注意が必要ですが体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなく手のアトピー性皮膚炎を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

関連記事


電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る