HOME > アトピーとあせもについて
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

アトピーとあせもについて

あせも、汗疹(カンシン)とは

あせも(汗疹)は汗をたくさんかいたときに皮膚の組織の中に汗が溜まってしまうとできます。溜まった汗は皮膚表皮の下にある汗管の周りの皮膚組織に漏れ出して、水膨れや炎症を起こします。それによってかゆみや赤いプツプツが出来ます。



あせもアトピーの違い

あせもによる炎症、皮膚炎の原因は汗管が詰まりやすくなることです。又、あせもが出やすい場所は頭、顔、首、肘、膝、お尻が多いです。

あせもは乳幼児に多い原因は汗腺の数が大人も乳幼児もほぼ同じため、乳幼児の場合は面積のわりに汗腺が密集しているので汗をたくさんかきます。

アトピーとの違いを見ていくと皮膚炎の症状が出やすいところは共通してますが、皮膚炎の原因があせもは汗腺のつまりに対して、アトピーは原因不明の湿疹、皮膚炎という事になります。



あせもとアトピーの治療と対策

あせもの治療と対策はアトピーを悪化させないためにも大切です。一般的には皮膚科で出された薬を塗布したり、市販薬や保湿剤、そしてベビーパウダーを使用している方もいます。

かき壊して化膿するととびひになり、抗生剤入りのステロイドを使用している方もいます。予防も大切ですので汗をかいたらシャワーや吸湿性の高い木綿のタオルで拭き取るのも大切です。

屋内では室温、湿度の調整も効果あります。あせもとアトピーを併発しているときは治療も異なる時があります。

アトピーに関しては皮膚炎の状態が長引くこともあり長期のステロイド剤と保湿剤の使用は控えたほうがいいです。アトピー症状がある時は汗をかくと汗によるかゆみで、アトピーが悪化することが多いですのでアトピーを悪化させないためにも、水分の適量を把握する必要があります。皮膚の保護膜が壊れていて汗が染みる原因になる事もありますので、皮膚の洗いすぎにも注意が必要ですし東洋医学的にはあせもは水毒体質ですので体質改善も必要になります。



アトピーとあせもの鍼灸効果

アトピーとあせもの内臓冷え対策

あせもとアトピーを改善するにはアトピーと内臓の関係を知る必要があります。アトピー性皮膚炎は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。

副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。

アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。

鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため、使用には注意が必要ですが体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなくあせもとアトピー性皮膚炎を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る