HOME > プロトピックについて
head_img_slim

information

お問い合わせボタン

プロトピックについて

プロトピックとは

プロトピックは湿疹、皮膚炎を改善する塗り薬の商品名です。主成分は免疫抑制剤のタクロリムスです。タクロリムス外用剤とも言います。1999年に販売された免疫抑制剤の薬です。

ステロイドと同じく炎症を鎮める薬ですが、ステロイドのように皮膚が薄くなる、血管が拡張する、多毛になる等の副作用がありません。プロトピックは分子量が大きいため塗ったところだけに作用してくれる薬ですので、ステロイドのような副作用は出ません。プロトピックの炎症を鎮める力はステロイド剤よりも強いです。顔の炎症を鎮めるためにステロイドを使用しないでプロトピックを使用している方がいます。



プロトピックの副作用

プロトピックは分子量が大きいので塗ったところだけに効くのですが、アトピー性皮膚炎の場合皮膚を掻き壊していることがあるため、塗った所以外でも傷のある所にも浸透していく事があります。

プロトピックを使用しているとヒリヒリして痛いとか、かゆい、ほてった感じがするというのがありますが2~3日すると慣れる方もいます。プロトピックの一番の副作用は免疫力の低下です。

免疫力の低下で細菌感染やニキビ等ができやすくなります。気を付けたいのは細菌感染を起こして症状が出た、例えばトビヒにプロトピックを使用するとトビヒが広がってしまう事がありますので、使用法を守ることが大切です。

2歳以下の赤ちゃんや、妊娠中、妊娠の可能性がある女性は使用できません。プロトピックを塗ったときは直射日光を避けないと皮膚がんの可能性があります。



プロトピックでアトピーは完治するか?

プロトピックはアトピーを完治させる薬ではありませんので、アトピーの皮膚炎をコントロールするための薬です。この点はステロイドと同じです。

免疫抑制剤ですので使用法は必ず厳守してください。アトピーを完治させるには内臓を温める体質改善が有効と考えます。



鍼灸効果による免疫力アップでアトピー改善

内臓冷え対策で免疫力アップ

免疫力あげてアトピーを改善するにはアトピーと内臓の関係を知る必要があります。アトピー性皮膚炎は内臓の冷えに原因があります。内臓が冷えると副腎の機能が低下します。

副腎の機能が低下すると皮膚の炎症を改善する副腎皮質ホルモンを分泌しずらくなります。副腎皮質ホルモンが分泌しずらくなると皮膚の炎症が改善されないで湿疹、皮膚炎を起こします。

アトピー性皮膚炎も湿疹、皮膚炎です。西洋医学では皮膚の炎症を改善するために、合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)を使用する事があります。

鍼灸治療では内臓を温めて体から副腎皮質ホルモンを分泌するように促します。鍼灸で内臓を温めるには灸頭鍼が効果あります。鍼の上にモグサを載せて燃やしモグサが燃える熱が鍼を伝わって体の深部まで温めます。合成の副腎皮質ホルモン(ステロイド)は副作用があるため、使用には注意が必要ですが体の中から副腎皮質ホルモンの分泌を促す、鍼灸治療は副作用はなく免疫力をあげてアトピー性皮膚炎を改善します。


 

内臓冷え対策 3つのポイント

icon 冷たい食べ物、飲み物を摂りすぎない。

icon 適度な運動または、20分位連続で歩く習慣をつける。

icon 睡眠時間を6時間以上にする。出来れば24時には就寝する(睡眠不足は内臓が冷えます)

 

当院がお勧めするスキンケア5つのポイント

電話番号 0120-94-4976
お問い合わせをお待ちしております。 →メールでのお問い合わせ

お問い合わせボタン

LINE予約


ページトップに戻る